万葉集4092番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4092番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4092番について

歌番号

4092番

原文

保<登等>藝須|伊登祢多家口波|橘<乃>|<播>奈治流等吉尓|伎奈吉登余牟流

訓読

霍公鳥いとねたけくは橘の花散る時に来鳴き響むる

かな読み

ほととぎす|いとねたけくは|たちばなの|はなぢるときに|きなきとよむる

カタカナ読み

ホトトギス|イトネタケクハ|タチバナノ|ハナヂルトキニ|キナキトヨムル

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|ITONETAKEKUHA|TACHIBANANO|HANAJIRUTOKINI|KINAKITOYOMURU

ローマ字読み|小文字

hototogisu|itonetakekuha|tachibanano|hanajirutokini|kinakitoyomuru

左注|左註

右四首十日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年5月10日年紀|動物|植物|季節|怨恨|独詠|高岡|富山

校異

等登->登等【元】【類】【紀】【細】|能->乃【元】【類】|幡->播【元】【類】【紀】【細】

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
いとねたけくは[寛],
たちばなの,[寛]たちはなの,
はなぢるときに,[寛]はなちるときに,
きなきとよむる[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました