万葉集4110番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4110番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4110番について

歌番号

4110番

原文

左夫流兒我|伊都伎之等<乃>尓|須受可氣奴|<波>由麻久太礼利|佐刀毛等騰呂尓

訓読

左夫流子が斎きし殿に鈴懸けぬ駅馬下れり里もとどろに

かな読み

さぶるこが|いつきしとのに|すずかけぬ|はゆまくだれり|さともとどろに

カタカナ読み

サブルコガ|イツキシトノニ|スズカケヌ|ハユマクダレリ|サトモトドロニ

ローマ字読み|大文字

SABURUKOGA|ITSUKISHITONONI|SUZUKAKENU|HAYUMAKUDARERI|SATOMOTODORONI

ローマ字読み|小文字

saburukoga|itsukishitononi|suzukakenu|hayumakudareri|satomotodoroni

左注|左註

同月十七日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年5月17日年紀教喩|律令|高岡|富山|尾張少咋|儒教|興味

校異

愛->喚【西(朱書訂正)】【元】【古】【紀】【温】|能->乃【元】【類】【古】|婆->波【古】【紀】【矢】【京】

寛永版本

さぶるこが,[寛]さふるこか,
いつきしとのに,[寛]いしきしとのに,
すずかけぬ,[寛]すすかけぬ,
はゆまくだれり,[寛]はいまくたれり,
さともとどろに,[寛]さともととろに,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました