万葉集4043番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4043番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4043番について

歌番号

4043番

原文

安須能比能|敷勢能宇良<未>能|布治奈美尓|氣太之伎奈可<受>|知良之底牟可母|[一頭云|保等登藝須]

訓読

明日の日の布勢の浦廻の藤波にけだし来鳴かず散らしてむかも|[一頭云|霍公鳥]

かな読み

あすのひの|ふせのうらみの|ふぢなみに|けだしきなかず|ちらしてむかも|[ほととぎす]

カタカナ読み

アスノヒノ|フセノウラミノ|フヂナミニ|ケダシキナカズ|チラシテムカモ|[ホトトギス]

ローマ字読み|大文字

ASUNOHINO|FUSENORAMINO|FUJINAMINI|KEDASHIKINAKAZU|CHIRASHITEMUKAMO|[HOTOTOGISU]

ローマ字読み|小文字

asunohino|fusenoramino|fujinamini|kedashikinakazu|chirashitemukamo|[hototogisu]

左注|左註

右一首大伴宿祢家持和之|前件十首歌者廿四日宴作之

事項|分類・ジャンル

天平20年3月24日年紀|宴席|地名|氷見|富山|植物|動物|季節

校異

末->未【万葉集古義】|須->受【元】【類】

寛永版本

あすのひの[寛],
ふせのうらみの,[寛]ふせのうらまの,
ふぢなみに,[寛]ふちなみに,
けだしきなかず,[寛]けたしきなかす,
ちらしてむかも[寛],
[ほととぎす],[寛]ほとときす,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました