万葉集4128番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4128番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4128番について

歌番号

4128番

原文

久佐麻久良|多比<乃>於伎奈等|於母保之天|波里曽多麻敝流|奴波牟物能毛賀

訓読

草枕旅の翁と思ほして針ぞ賜へる縫はむ物もが

かな読み

くさまくら|たびのおきなと|おもほして|はりぞたまへる|ぬはむものもが

カタカナ読み

クサマクラ|タビノオキナト|オモホシテ|ハリゾタマヘル|ヌハムモノモガ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABINOKINATO|OMOHOSHITE|HARIZOTAMAHERU|NUHAMUMONOMOGA

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabinokinato|omohoshite|harizotamaheru|nuhamumonomoga

左注|左註

右歌之返報歌者脱漏不得探求也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝1年11月12日年紀|贈答|大伴家持|書簡|枕詞|戯歌|高岡|富山

校異

忽->急【元】【紀】【細】|微->徴【元】【細】|日->白【元】|能->乃【元】【類】【古】

寛永版本

くさまくら[寛],
たびのおきなと,[寛]たひのおきなと,
おもほして[寛],
はりぞたまへる,[寛]はりそたまへる,
ぬはむものもが,[寛]ぬはむものもか,

巻数

第18巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました