万葉集4076番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4076番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4076番について

歌番号

4076番

原文

安之比奇能|夜麻波奈久毛我|都奇見礼婆|於奈自伎佐刀乎|許己呂敝太底都

訓読

あしひきの山はなくもが月見れば同じき里を心隔てつ

かな読み

あしひきの|やまはなくもが|つきみれば|おなじきさとを|こころへだてつ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマハナクモガ|ツキミレバ|オナジキサトヲ|ココロヘダテツ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAHANAKUMOGA|TSUKIMIREBA|ONAJIKISATO|KOKOROHEDATETSU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamahanakumoga|tsukimireba|onajikisato|kokorohedatetsu

左注|左註

三月十六日

事項|分類・ジャンル

天平21年3月16日年紀|高岡|富山|贈答|書簡|大伴池主|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまはなくもが,[寛]やまはなくもか,
つきみれば,[寛]つきみれは,
おなじきさとを,[寛]おなしきさとを,
こころへだてつ,[寛]こころへたてつ,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました