万葉集4100番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4100番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4100番について

歌番号

4100番

原文

物能乃布能|夜蘇氏人毛|与之努河波|多由流許等奈久|都可倍追通見牟

訓読

もののふの八十氏人も吉野川絶ゆることなく仕へつつ見む

かな読み

もののふの|やそうぢひとも|よしのがは|たゆることなく|つかへつつみむ

カタカナ読み

モノノフノ|ヤソウヂヒトモ|ヨシノガハ|タユルコトナク|ツカヘツツミム

ローマ字読み|大文字

MONONOFUNO|YASOJIHITOMO|YOSHINOGAHA|TAYURUKOTONAKU|TSUKAHETSUTSUMIMU

ローマ字読み|小文字

mononofuno|yasojihitomo|yoshinogaha|tayurukotonaku|tsukahetsutsumimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年年紀|地名|吉野|奈良|高岡|富山|儲作|宮廷讃美|大君讃美|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

もののふの[寛],
やそうぢひとも,[寛]やそうちひとも,
よしのがは,[寛]よしのかは,
たゆることなく[寛],
つかへつつみむ[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました