万葉集4103番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4103番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4103番について

歌番号

4103番

原文

於伎都之麻|伊由伎和多里弖|可豆<久>知布|安波妣多麻母我|都々美弖夜良牟

訓読

沖つ島い行き渡りて潜くちふ鰒玉もが包みて遣らむ

かな読み

おきつしま|いゆきわたりて|かづくちふ|あはびたまもが|つつみてやらむ

カタカナ読み

オキツシマ|イユキワタリテ|カヅクチフ|アハビタマモガ|ツツミテヤラム

ローマ字読み|大文字

OKITSUSHIMA|IYUKIWATARITE|KAZUKUCHIFU|AHABITAMAMOGA|TSUTSUMITEYARAMU

ローマ字読み|小文字

okitsushima|iyukiwatarite|kazukuchifu|ahabitamamoga|tsutsumiteyaramu

左注|左註

右五月十四日大伴宿祢家持依興作

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年5月14日年紀|贈答|富山|高岡

校異

具->久【元】【類】

寛永版本

おきつしま[寛],
いゆきわたりて[寛],
かづくちふ,[寛]かつくちふ,
あはびたまもが,[寛]あはひたまもか,
つつみてやらむ[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました