万葉集4073番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4073番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4073番について

歌番号

4073番

原文

都奇見礼婆|於奈自久尓奈里|夜麻許曽婆|伎美我安多里乎|敝太弖多里家礼

訓読

月見れば同じ国なり山こそば君があたりを隔てたりけれ

かな読み

つきみれば|おなじくになり|やまこそば|きみがあたりを|へだてたりけれ

カタカナ読み

ツキミレバ|オナジクニナリ|ヤマコソバ|キミガアタリヲ|ヘダテタリケレ

ローマ字読み|大文字

TSUKIMIREBA|ONAJIKUNINARI|YAMAKOSOBA|KIMIGAATARIO|HEDATETARIKERE

ローマ字読み|小文字

tsukimireba|onajikuninari|yamakosoba|kimigaatario|hedatetarikere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平21年3月15日年紀|高岡|富山|大伴家持|贈答|書簡|福井|恋情

校異

号->兮【矢】【京】

寛永版本

つきみれば,[寛]つきみれは,
おなじくになり,[寛]おなしくになり,
やまこそば,[寛]やまこそは,
きみがあたりを,[寛]きみかあたりを,
へだてたりけれ,[寛]へたてたりけり,

巻数

第18巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました