万葉集4077番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4077番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4077番について

歌番号

4077番

原文

和我勢故我|布流伎可吉都能|佐<久>良婆奈|伊麻太敷布賣利|比等目見尓許祢

訓読

我が背子が古き垣内の桜花いまだ含めり一目見に来ね

かな読み

わがせこが|ふるきかきつの|さくらばな|いまだふふめり|ひとめみにこね

カタカナ読み

ワガセコガ|フルキカキツノ|サクラバナ|イマダフフメリ|ヒトメミニコネ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|FURUKIKAKITSUNO|SAKURABANA|IMADAFUFUMERI|HITOMEMINIKONE

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|furukikakitsuno|sakurabana|imadafufumeri|hitomeminikone

左注|左註

三月十六日

事項|分類・ジャンル

天平21年3月16日年紀|植物|高岡|富山|贈答|書簡|大伴池主|恋愛

校異

住->任【元】【細】|具->久【元】【類】

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
ふるきかきつの[寛],
さくらばな,[寛]さくらはな,
いまだふふめり,[寛]いまたふふめり,
ひとめみにこね[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました