万葉集4070番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4070番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4070番について

歌番号

4070番

原文

比登母等能|奈泥之故宇恵之|曽能許己呂|多礼尓見世牟等|於母比曽米家牟

訓読

一本のなでしこ植ゑしその心誰れに見せむと思ひ始めけむ

かな読み

ひともとの|なでしこうゑし|そのこころ|たれにみせむと|おもひそめけむ

カタカナ読み

ヒトモトノ|ナデシコウヱシ|ソノココロ|タレニミセムト|オモヒソメケム

ローマ字読み|大文字

HITOMOTONO|NADESHIKOESHI|SONOKOKORO|TARENIMISEMUTO|OMOHISOMEKEMU

ローマ字読み|小文字

hitomotono|nadeshikoeshi|sonokokoro|tarenimisemuto|omohisomekemu

左注|左註

右先國師従僧清見可入京師|<因>設飲饌饗宴|于時主人大伴宿祢家持作此歌詞送酒清見也

事項|分類・ジャンル

天平21年3月年紀|清見|宴席|羈旅|出発|餞別|植物|別離|高岡|富山

校異

日->因【元】【紀】

寛永版本

ひともとの[寛],
なでしこうゑし,[寛]なてしこうゑし,
そのこころ[寛],
たれにみせむと[寛],
おもひそめけむ[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました