万葉集4053番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4053番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4053番について

歌番号

4053番

原文

許能久礼尓|奈里奴流母能乎|保等登藝須|奈尓加伎奈可奴|伎美尓安敝流等吉

訓読

木の暗になりぬるものを霍公鳥何か来鳴かぬ君に逢へる時

かな読み

このくれに|なりぬるものを|ほととぎす|なにかきなかぬ|きみにあへるとき

カタカナ読み

コノクレニ|ナリヌルモノヲ|ホトトギス|ナニカキナカヌ|キミニアヘルトキ

ローマ字読み|大文字

KONOKURENI|NARINURUMONO|HOTOTOGISU|NANIKAKINAKANU|KIMINIAHERUTOKI

ローマ字読み|小文字

konokureni|narinurumono|hototogisu|nanikakinakanu|kiminiaherutoki

左注|左註

右一首久米朝臣廣縄||前<件>歌者廿六日作之

事項|分類・ジャンル

天平20年3月26日年紀|田辺福麻呂|宴席|動物|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

このくれに[寛],
なりぬるものを[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なにかきなかぬ[寛],
きみにあへるとき[寛],

巻数

第18巻

作者

久米広縄

タイトルとURLをコピーしました