万葉集4082番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4082番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4082番について

歌番号

4082番

原文

安万射可流|比奈能<夜都>故尓|安米比度之|可久古非須良波|伊家流思留事安里

訓読

天離る鄙の奴に天人しかく恋すらば生ける験あり

かな読み

あまざかる|ひなのやつこに|あめひとし|かくこひすらば|いけるしるしあり

カタカナ読み

アマザカル|ヒナノヤツコニ|アメヒトシ|カクコヒスラバ|イケルシルシアリ

ローマ字読み|大文字

AMAZAKARU|HINANOYATSUKONI|AMEHITOSHI|KAKUKOHISURABA|IKERUSHIRUSHIARI

ローマ字読み|小文字

amazakaru|hinanoyatsukoni|amehitoshi|kakukohisuraba|ikerushirushiari

左注|左註

右四日附使贈上京師

事項|分類・ジャンル

天平21年4(月4)日年紀|贈答|坂上郎女|高岡|富山|恋情

校異

都夜->夜都【万葉集略解】

寛永版本

あまざかる,[寛]あまさかる,
ひなのやつこに,[寛]ひなのみやこに,
あめひとし[寛],
かくこひすらば,[寛]かくこひすらは,
いけるしるしあり[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました