万葉集4033番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4033番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4033番について

歌番号

4033番

原文

奈美多<底>波|奈呉能宇良<未>尓|余流可比乃|末奈伎孤悲尓曽|等之波倍尓家流

訓読

波立てば奈呉の浦廻に寄る貝の間なき恋にぞ年は経にける

かな読み

なみたてば|なごのうらみに|よるかひの|まなきこひにぞ|としはへにける

カタカナ読み

ナミタテバ|ナゴノウラミニ|ヨルカヒノ|マナキコヒニゾ|トシハヘニケル

ローマ字読み|大文字

NAMITATEBA|NAGONORAMINI|YORUKAHINO|MANAKIKOHINIZO|TOSHIHAHENIKERU

ローマ字読み|小文字

namitateba|nagonoramini|yorukahino|manakikohinizo|toshihahenikeru

左注|左註

右四首田邊史福麻呂

事項|分類・ジャンル

天平20年3月23日|宴席|挨拶|序詞|地名|高岡|富山|恋情|大伴家持年紀

校異

弖->底【類】【紀】【温】|末->未【万葉集古義】

寛永版本

なみたてば,[寛]なみたては,
なごのうらみに,[寛]なこのうらまに,
よるかひの[寛],
まなきこひにぞ,[寛]まなきこひにそ,
としはへにける[寛],

巻数

第18巻

作者

田辺福麻呂

タイトルとURLをコピーしました