万葉集3985番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3985番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3985番について

歌番号

3985番

原文

伊美都河泊|伊由伎米具礼流|多麻久之氣|布多我美山者|波流波奈乃|佐家流左加利尓|安吉<能>葉乃|尓保敝流等伎尓|出立氐|布里佐氣見礼婆|可牟加良夜|曽許婆多敷刀伎|夜麻可良夜|見我保之加良武|須賣可未能|須蘇未乃夜麻能|之夫多尓能|佐吉乃安里蘇尓|阿佐奈藝尓|餘須流之良奈美|由敷奈藝尓|美知久流之保能|伊夜麻之尓|多由流許登奈久|伊尓之敝由|伊麻乃乎都豆尓|可久之許曽|見流比登其等尓|加氣氐之努波米

訓読

射水川|い行き廻れる|玉櫛笥|二上山は|春花の|咲ける盛りに|秋の葉の|にほへる時に|出で立ちて|振り放け見れば|神からや|そこば貴き|山からや|見が欲しからむ|統め神の|裾廻の山の|渋谿の|崎の荒礒に|朝なぎに|寄する白波|夕なぎに|満ち来る潮の|いや増しに|絶ゆることなく|いにしへゆ|今のをつつに|かくしこそ|見る人ごとに|懸けて偲はめ

かな読み

いみづがは|いゆきめぐれる|たまくしげ|ふたがみやまは|はるはなの|さけるさかりに|あきのはの|にほへるときに|いでたちて|ふりさけみれば|かむからや|そこばたふとき|やまからや|みがほしからむ|すめかみの|すそみのやまの|しぶたにの|さきのありそに|あさなぎに|よするしらなみ|ゆふなぎに|みちくるしほの|いやましに|たゆることなく|いにしへゆ|いまのをつつに|かくしこそ|みるひとごとに|かけてしのはめ

カタカナ読み

イミヅガハ|イユキメグレル|タマクシゲ|フタガミヤマハ|ハルハナノ|サケルサカリニ|アキノハノ|ニホヘルトキニ|イデタチテ|フリサケミレバ|カムカラヤ|ソコバタフトキ|ヤマカラヤ|ミガホシカラム|スメカミノ|スソミノヤマノ|シブタニノ|サキノアリソニ|アサナギニ|ヨスルシラナミ|ユフナギニ|ミチクルシホノ|イヤマシニ|タユルコトナク|イニシヘユ|イマノヲツツニ|カクシコソ|ミルヒトゴトニ|カケテシノハメ

ローマ字読み|大文字

IMIZUGAHA|IYUKIMEGURERU|TAMAKUSHIGE|FUTAGAMIYAMAHA|HARUHANANO|SAKERUSAKARINI|AKINOHANO|NIHOHERUTOKINI|IDETACHITE|FURISAKEMIREBA|KAMUKARAYA|SOKOBATAFUTOKI|YAMAKARAYA|MIGAHOSHIKARAMU|SUMEKAMINO|SUSOMINOYAMANO|SHIBUTANINO|SAKINOARISONI|ASANAGINI|YOSURUSHIRANAMI|YUFUNAGINI|MICHIKURUSHIHONO|IYAMASHINI|TAYURUKOTONAKU|INISHIHEYU|IMANOTSUTSUNI|KAKUSHIKOSO|MIRUHITOGOTONI|KAKETESHINOHAME

ローマ字読み|小文字

imizugaha|iyukimegureru|tamakushige|futagamiyamaha|haruhanano|sakerusakarini|akinohano|nihoherutokini|idetachite|furisakemireba|kamukaraya|sokobatafutoki|yamakaraya|migahoshikaramu|sumekamino|susominoyamano|shibutanino|sakinoarisoni|asanagini|yosurushiranami|yufunagini|michikurushihono|iyamashini|tayurukotonaku|inishiheyu|imanotsutsuni|kakushikoso|miruhitogotoni|kaketeshinohame

左注|左註

右三月卅日依興作之|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平19年3月30日年紀|地名|高岡|富山|山讃美|寿歌|枕詞|依興|儀礼歌|土地讃美

校異

泊【元】伯|乃->能【元】【類】

寛永版本

いみづがは,[寛]いみつかは,
いゆきめぐれる,[寛]いゆきめくれる,
たまくしげ,[寛]たまくしけ,
ふたがみやまは,[寛]ふたかみやまは,
はるはなの[寛],
さけるさかりに[寛],
あきのはの[寛],
にほへるときに[寛],
いでたちて,[寛]いてたちて,
ふりさけみれば,[寛]ふりさけみれは,
かむからや[寛],
そこばたふとき,[寛]そこはたふとき,
やまからや[寛],
みがほしからむ,[寛]みかほしからむ,
すめかみの[寛],
すそみのやまの[寛],
しぶたにの,[寛]しふたにの,
さきのありそに[寛],
あさなぎに,[寛]あさなきに,
よするしらなみ[寛],
ゆふなぎに,[寛]ゆふなきに,
みちくるしほの[寛],
いやましに[寛],
たゆることなく[寛],
いにしへゆ[寛],
いまのをつつに[寛],
かくしこそ[寛],
みるひとごとに,[寛]みるひとことに,
かけてしのはめ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました