万葉集3963番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3963番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3963番について

歌番号

3963番

原文

世間波|加受奈枳物能可|春花乃|知里能麻我比尓|思奴倍吉於母倍婆

訓読

世間は数なきものか春花の散りのまがひに死ぬべき思へば

かな読み

よのなかは|かずなきものか|はるはなの|ちりのまがひに|しぬべきおもへば

カタカナ読み

ヨノナカハ|カズナキモノカ|ハルハナノ|チリノマガヒニ|シヌベキオモヘバ

ローマ字読み|大文字

YONONAKAHA|KAZUNAKIMONOKA|HARUHANANO|CHIRINOMAGAHINI|SHINUBEKIOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

yononakaha|kazunakimonoka|haruhanano|chirinomagahini|shinubekiomoheba

左注|左註

右天平十九年春二月廿日越中國守之舘臥病悲傷聊作此歌

事項|分類・ジャンル

天平19年2月20日年紀|病気|悲嘆|無常|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

よのなかは[寛],
かずなきものか,[寛]かすなきものか,
はるはなの[寛],
ちりのまがひに,[寛]ちりのまかひに,
しぬべきおもへば,[寛]しぬへきおもへは,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました