万葉集3891番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3891番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3891番について

歌番号

3891番

原文

荒津乃海|之保悲思保美知|時波安礼登|伊頭礼乃時加|吾孤悲射良牟

訓読

荒津の海潮干潮満ち時はあれどいづれの時か我が恋ひざらむ

かな読み

あらつのうみ|しほひしほみち|ときはあれど|いづれのときか|あがこひざらむ

カタカナ読み

アラツノウミ|シホヒシホミチ|トキハアレド|イヅレノトキカ|アガコヒザラム

ローマ字読み|大文字

ARATSUNOMI|SHIHOHISHIHOMICHI|TOKIHAAREDO|IZURENOTOKIKA|AGAKOHIZARAMU

ローマ字読み|小文字

aratsunomi|shihohishihomichi|tokihaaredo|izurenotokika|agakohizaramu

左注|左註

右九首作者不審姓名

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|羈旅|福岡|地名|恋情|大伴旅人|望郷

校異

特に無し

寛永版本

あらつのうみ[寛],
しほひしほみち[寛],
ときはあれど,[寛]ときはあれと,
いづれのときか,[寛]いつれのときか,
あがこひざらむ,[寛]わかこひさらむ,

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました