万葉集3802番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3802番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3802番について

歌番号

3802番

原文

春之野乃|下草靡|我藻依|丹穂氷因将|友之随意|[九]

訓読

春の野の下草靡き我れも寄りにほひ寄りなむ友のまにまに|[九]

かな読み

はるののの|したくさなびき|われもより|にほひよりなむ|とものまにまに

カタカナ読み

ハルノノノ|シタクサナビキ|ワレモヨリ|ニホヒヨリナム|トモノマニマニ

ローマ字読み|大文字

HARUNONONO|SHITAKUSANABIKI|WAREMOYORI|NIHOHIYORINAMU|TOMONOMANIMANI

ローマ字読み|小文字

harunonono|shitakusanabiki|waremoyori|nihohiyorinamu|tomonomanimani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|女歌|歌物語|物語|竹取翁|神仙

校異

特に無し

寛永版本

はるののの[寛],
したくさなびき,[寛]したくさなひき,
われもより,[寛]われもよる,
にほひよりなむ[寛],
とものまにまに[寛],

巻数

第16巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました