万葉集3805番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3805番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3805番について

歌番号

3805番

原文

烏玉之|黒髪所<沾>而|沫雪之|零也来座|幾許戀者

訓読

ぬばたまの黒髪濡れて沫雪の降るにや来ますここだ恋ふれば

かな読み

ぬばたまの|くろかみぬれて|あわゆきの|ふるにやきます|ここだこふれば

カタカナ読み

ヌバタマノ|クロカミヌレテ|アワユキノ|フルニヤキマス|ココダコフレバ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|KUROKAMINURETE|AWAYUKINO|FURUNIYAKIMASU|KOKODAKOFUREBA

ローマ字読み|小文字

nubatamano|kurokaminurete|awayukino|furuniyakimasu|kokodakofureba

左注|左註

今案|此歌其夫被使既經累載而當還時雪落之冬也|因斯娘子作此沫雪之句歟

事項|分類・ジャンル

雑歌|枕詞|歌物語|物語|女歌|恋情|悲別

校異

歌【西】謌|沽->沾【矢】【京】

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
くろかみぬれて[寛],
あわゆきの,[寛]あはゆきの,
ふるにやきます,[寛]ふりてやきます,
ここだこふれば,[寛]ここたこふれは,

巻数

第16巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました