万葉集3850番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3850番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3850番について

歌番号

3850番

原文

世間之|繁借廬尓|住々而|将至國之|多附不知聞

訓読

世間の繁き仮廬に住み住みて至らむ国のたづき知らずも

かな読み

よのなかの|しげきかりほに|すみすみて|いたらむくにの|たづきしらずも

カタカナ読み

ヨノナカノ|シゲキカリホニ|スミスミテ|イタラムクニノ|タヅキシラズモ

ローマ字読み|大文字

YONONAKANO|SHIGEKIKARIHONI|SUMISUMITE|ITARAMUKUNINO|TAZUKISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

yononakano|shigekikarihoni|sumisumite|itaramukunino|tazukishirazumo

左注|左註

右歌二首河原寺之佛堂裏在倭琴面之

事項|分類・ジャンル

雑歌|仏教|厭世|世間虚仮|極楽|川原寺|明日香|奈良

校異

特に無し

寛永版本

よのなかの[寛],
しげきかりほに,[寛]しけきかりほに,
すみすみて[寛],
いたらむくにの[寛],
たづきしらずも,[寛]たつきしらすも,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました