万葉集3779番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3779番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3779番について

歌番号

3779番

原文

和我夜度乃|波奈多知<婆>奈波|伊多都良尓|知利可須具良牟|見流比等奈思尓

訓読

我が宿の花橘はいたづらに散りか過ぐらむ見る人なしに

かな読み

わがやどの|はなたちばなは|いたづらに|ちりかすぐらむ|みるひとなしに

カタカナ読み

ワガヤドノ|ハナタチバナハ|イタヅラニ|チリカスグラム|ミルヒトナシニ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|HANATACHIBANAHA|ITAZURANI|CHIRIKASUGURAMU|MIRUHITONASHINI

ローマ字読み|小文字

wagayadono|hanatachibanaha|itazurani|chirikasuguramu|miruhitonashini

左注|左註

右七首中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|植物|譬喩|恋情|悲別|狭野弟上娘子

校異

波->婆【類】【紀】【細】

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
はなたちばなは,[寛]はなたちはなは,
いたづらに,[寛]いたつらに,
ちりかすぐらむ,[寛]ちりかすくらむ,
みるひとなしに[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました