万葉集3606番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3606番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3606番について

歌番号

3606番

原文

多麻藻可流|乎等女乎須疑弖|奈都久佐能|野嶋我左吉尓|伊保里須和礼波

訓読

玉藻刈る処女を過ぎて夏草の野島が崎に廬りす我れは

かな読み

たまもかる|をとめをすぎて|なつくさの|のしまがさきに|いほりすわれは

カタカナ読み

タマモカル|ヲトメヲスギテ|ナツクサノ|ノシマガサキニ|イホリスワレハ

ローマ字読み|大文字

TAMAMOKARU|OTOMEOSUGITE|NATSUKUSANO|NOSHIMAGASAKINI|IHORISUWAREHA

ローマ字読み|小文字

tamamokaru|otomeosugite|natsukusano|noshimagasakini|ihorisuwareha

左注|左註

柿本朝臣人麻呂歌曰|敏馬乎須疑弖|又曰|布祢知可豆伎奴

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|古歌|誦詠|柿本人麻呂|枕詞|地名|兵庫|淡路|異伝|道行翮|羈旅|転用

校異

特に無し

寛永版本

たまもかる[寛],
をとめをすぎて,[寛]をとめをすきて,
なつくさの[寛],
のしまがさきに,[寛]のしまかさきに,
いほりすわれは[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました