万葉集3581番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3581番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3581番について

歌番号

3581番

原文

秋佐良婆|安比見牟毛能乎|奈尓之可母|奇里尓多都倍久|奈氣伎之麻佐牟

訓読

秋さらば相見むものを何しかも霧に立つべく嘆きしまさむ

かな読み

あきさらば|あひみむものを|なにしかも|きりにたつべく|なげきしまさむ

カタカナ読み

アキサラバ|アヒミムモノヲ|ナニシカモ|キリニタツベク|ナゲキシマサム

ローマ字読み|大文字

AKISARABA|AHIMIMUMONO|NANISHIKAMO|KIRINITATSUBEKU|NAGEKISHIMASAMU

ローマ字読み|小文字

akisaraba|ahimimumono|nanishikamo|kirinitatsubeku|nagekishimasamu

左注|左註

右十一首贈答

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|贈答|悲別|羈旅|出発|慰撫|恋愛|難波|大阪

校異

特に無し

寛永版本

あきさらば,[寛]あきさらは,
あひみむものを[寛],
なにしかも[寛],
きりにたつべく,[寛]きりにたつへく,
なげきしまさむ,[寛]なけきしまさむ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました