万葉集3753番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3753番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3753番について

歌番号

3753番

原文

安波牟日能|可多美尓世与等|多和也女能|於毛比美太礼弖|奴敝流許呂母曽

訓読

逢はむ日の形見にせよとたわや女の思ひ乱れて縫へる衣ぞ

かな読み

あはむひの|かたみにせよと|たわやめの|おもひみだれて|ぬへるころもぞ

カタカナ読み

アハムヒノ|カタミニセヨト|タワヤメノ|オモヒミダレテ|ヌヘルコロモゾ

ローマ字読み|大文字

AHAMUHINO|KATAMINISEYOTO|TAWAYAMENO|OMOHIMIDARETE|NUHERUKOROMOZO

ローマ字読み|小文字

ahamuhino|kataminiseyoto|tawayameno|omohimidarete|nuherukoromozo

左注|左註

右九首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|恋情|悲別|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

あはむひの[寛],
かたみにせよと[寛],
たわやめの[寛],
おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,
ぬへるころもぞ,[寛]ぬへるころもそ,

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました