万葉集3674番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3674番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集3674番について

歌番号

3674番

原文

久左麻久良|多婢乎久流之美|故非乎礼婆|可也能山邊尓|草乎思香奈久毛

訓読

草枕旅を苦しみ恋ひ居れば可也の山辺にさを鹿鳴くも

かな読み

くさまくら|たびをくるしみ|こひをれば|かやのやまへに|さをしかなくも

カタカナ読み

クサマクラ|タビヲクルシミ|コヒヲレバ|カヤノヤマヘニ|サヲシカナクモ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABIOKURUSHIMI|KOHIOREBA|KAYANOYAMAHENI|SAOSHIKANAKUMO

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabiokurushimi|kohioreba|kayanoyamaheni|saoshikanakumo

左注|左註

右二首大判官

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|地名|福岡|可也山|引津亭|動物|望郷|漂泊

校異

特に無し

寛永版本

くさまくら[寛],
たびをくるしみ,[寛]たひをくるしみ,
こひをれば,[寛]こひをれは,
かやのやまへに[寛],
さをしかなくも[寛],

巻数

第15巻

作者

壬生宇太麻呂

タイトルとURLをコピーしました