万葉集3774番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3774番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3774番について

歌番号

3774番

原文

和我世故我|可反里吉麻佐武|等伎能多米|伊能知能己佐牟|和須礼多麻布奈

訓読

我が背子が帰り来まさむ時のため命残さむ忘れたまふな

かな読み

わがせこが|かへりきまさむ|ときのため|いのちのこさむ|わすれたまふな

カタカナ読み

ワガセコガ|カヘリキマサム|トキノタメ|イノチノコサム|ワスレタマフナ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|KAHERIKIMASAMU|TOKINOTAME|INOCHINOKOSAMU|WASURETAMAFUNA

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|kaherikimasamu|tokinotame|inochinokosamu|wasuretamafuna

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|恋情|悲別|期待|大赦|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
かへりきまさむ[寛],
ときのため[寛],
いのちのこさむ[寛],
わすれたまふな[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました