万葉集3660番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3660番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3660番について

歌番号

3660番

原文

可牟佐夫流|安良都能左伎尓|与須流奈美|麻奈久也伊毛尓|故非和多里奈牟

訓読

神さぶる荒津の崎に寄する波間なくや妹に恋ひわたりなむ

かな読み

かむさぶる|あらつのさきに|よするなみ|まなくやいもに|こひわたりなむ

カタカナ読み

カムサブル|アラツノサキニ|ヨスルナミ|マナクヤイモニ|コヒワタリナム

ローマ字読み|大文字

KAMUSABURU|ARATSUNOSAKINI|YOSURUNAMI|MANAKUYAIMONI|KOHIWATARINAMU

ローマ字読み|小文字

kamusaburu|aratsunosakini|yosurunami|manakuyaimoni|kohiwatarinamu

左注|左註

右一首土師<稲>足

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|地名|福岡|羈旅|望郷|枕詞|恋情

校異

楯->稲【西(訂正右書)】【紀】【細】

寛永版本

かむさぶる,[寛]かむさふる,
あらつのさきに[寛],
よするなみ[寛],
まなくやいもに[寛],
こひわたりなむ[寛],

巻数

第15巻

作者

土師稲足

タイトルとURLをコピーしました