万葉集3689番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3689番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3689番について

歌番号

3689番

原文

伊波多野尓|夜杼里須流伎美|伊敝妣等乃|伊豆良等和礼乎|等<波婆>伊可尓伊波牟

訓読

岩田野に宿りする君家人のいづらと我れを問はばいかに言はむ

かな読み

いはたのに|やどりするきみ|いへびとの|いづらとわれを|とはばいかにいはむ

カタカナ読み

イハタノニ|ヤドリスルキミ|イヘビトノ|イヅラトワレヲ|トハバイカニイハム

ローマ字読み|大文字

IHATANONI|YADORISURUKIMI|IHEBITONO|IZURATOWAREO|TOHABAIKANIIHAMU

ローマ字読み|小文字

ihatanoni|yadorisurukimi|ihebitono|izuratowareo|tohabaikaniihamu

左注|左註

右三首挽歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|挽歌|羈旅|壱岐|雪宅麻呂|地名|行路死人|長崎

校異

婆波->波婆【代匠記初稿本】

寛永版本

いはたのに[寛],
やどりするきみ,[寛]やとりするきみ,
いへびとの,[寛]いへひとの,
いづらとわれを,[寛]いつらとわれを,
とはばいかにいはむ,[寛]とははいかにいはむ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました