万葉集3746番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3746番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3746番について

歌番号

3746番

原文

<比>等能宇々流|田者宇恵麻佐受|伊麻佐良尓|久尓和可礼之弖|安礼波伊可尓勢武

訓読

人の植うる田は植ゑまさず今さらに国別れして我れはいかにせむ

かな読み

ひとのううる|たはうゑまさず|いまさらに|くにわかれして|あれはいかにせむ

カタカナ読み

ヒトノウウル|タハウヱマサズ|イマサラニ|クニワカレシテ|アレハイカニセム

ローマ字読み|大文字

HITONOURU|TAHAUEMASAZU|IMASARANI|KUNIWAKARESHITE|AREHAIKANISEMU

ローマ字読み|小文字

hitonouru|tahauemasazu|imasarani|kuniwakareshite|arehaikanisemu

左注|左註

右九首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|恋情|悲別|女歌|中臣宅守

校異

此->比【類】【紀】【細】

寛永版本

ひとのううる[寛],
たはうゑまさず,[寛]たはうゑまさす,
いまさらに[寛],
くにわかれして[寛],
あれはいかにせむ[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました