万葉集3579番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3579番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3579番について

歌番号

3579番

原文

大船尓|伊母能流母能尓|安良麻勢<婆>|羽具久美母知弖|由可麻之母能乎

訓読

大船に妹乗るものにあらませば羽ぐくみ持ちて行かましものを

かな読み

おほぶねに|いものるものに|あらませば|はぐくみもちて|ゆかましものを

カタカナ読み

オホブネニ|イモノルモノニ|アラマセバ|ハグクミモチテ|ユカマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENI|IMONORUMONONI|ARAMASEBA|HAGUKUMIMOCHITE|YUKAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

ohobuneni|imonorumononi|aramaseba|hagukumimochite|yukamashimono

左注|左註

右十一首贈答

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|贈答|恋情|悲別|出発|羈旅|難波|大阪

校異

波->婆【類】

寛永版本

おほぶねに,[寛]おほふねに,
いものるものに[寛],
あらませば,[寛]あらませは,
はぐくみもちて,[寛]はくくみもちて,
ゆかましものを[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました