万葉集3646番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3646番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3646番について

歌番号

3646番

原文

宇良<未>欲里|許藝許之布祢乎|風波夜美|於伎都美宇良尓|夜杼里須流可毛

訓読

浦廻より漕ぎ来し船を風早み沖つみ浦に宿りするかも

かな読み

うらみより|こぎこしふねを|かぜはやみ|おきつみうらに|やどりするかも

カタカナ読み

ウラミヨリ|コギコシフネヲ|カゼハヤミ|オキツミウラニ|ヤドリスルカモ

ローマ字読み|大文字

URAMIYORI|KOGIKOSHIFUNEO|KAZEHAYAMI|OKITSUMIURANI|YADORISURUKAMO

ローマ字読み|小文字

uramiyori|kogikoshifuneo|kazehayami|okitsumiurani|yadorisurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|大分|中津市|不安

校異

末->未【万葉集古義】

寛永版本

うらみより,[寛]うらまより,
こぎこしふねを,[寛]こきこしふねを,
かぜはやみ,[寛]かせはやみ,
おきつみうらに[寛],
やどりするかも,[寛]やとりするかも,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました