万葉集3663番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3663番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3663番について

歌番号

3663番

原文

和多都美能|於伎都奈波能里|久流等伎登|伊毛我麻都良牟|月者倍尓都追

訓読

わたつみの沖つ縄海苔来る時と妹が待つらむ月は経につつ

かな読み

わたつみの|おきつなはのり|くるときと|いもがまつらむ|つきはへにつつ

カタカナ読み

ワタツミノ|オキツナハノリ|クルトキト|イモガマツラム|ツキハヘニツツ

ローマ字読み|大文字

WATATSUMINO|OKITSUNAHANORI|KURUTOKITO|IMOGAMATSURAMU|TSUKIHAHENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

watatsumino|okitsunahanori|kurutokito|imogamatsuramu|tsukihahenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|植物|羈旅|福岡|望郷|漂泊

校異

特に無し

寛永版本

わたつみの[寛],
おきつなはのり[寛],
くるときと[寛],
いもがまつらむ,[寛]いもかまつらむ,
つきはへにつつ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました