万葉集3600番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3600番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3600番について

歌番号

3600番

原文

波奈礼蘇尓|多弖流牟漏能木|宇多我多毛|比左之伎時乎|須疑尓家流香母

訓読

離れ礒に立てるむろの木うたがたも久しき時を過ぎにけるかも

かな読み

はなれそに|たてるむろのき|うたがたも|ひさしきときを|すぎにけるかも

カタカナ読み

ハナレソニ|タテルムロノキ|ウタガタモ|ヒサシキトキヲ|スギニケルカモ

ローマ字読み|大文字

HANARESONI|TATERUMURONOKI|UTAGATAMO|HISASHIKITOKIO|SUGINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

hanaresoni|taterumuronoki|utagatamo|hisashikitokio|suginikerukamo

左注|左註

右八首乗船入海路上作歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|福山|広島

校異

特に無し

寛永版本

はなれそに[寛],
たてるむろのき[寛],
うたがたも,[寛]うたかたも,
ひさしきときを[寛],
すぎにけるかも,[寛]すきにけるかも,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました