万葉集3719番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3719番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3719番について

歌番号

3719番

原文

久左麻久良|多婢尓比左之久|安良米也等|伊毛尓伊比之乎|等之能倍奴良久

訓読

草枕旅に久しくあらめやと妹に言ひしを年の経ぬらく

かな読み

くさまくら|たびにひさしく|あらめやと|いもにいひしを|としのへぬらく

カタカナ読み

クサマクラ|タビニヒサシク|アラメヤト|イモニイヒシヲ|トシノヘヌラク

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABINIHISASHIKU|ARAMEYATO|IMONIIHISHIO|TOSHINOHENURAKU

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabinihisashiku|arameyato|imoniihishio|toshinohenuraku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|枕詞|羈旅|望郷|帰途|姫路|兵庫

校異

特に無し

寛永版本

くさまくら[寛],
たびにひさしく,[寛]たひにやさしく,
あらめやと[寛],
いもにいひしを[寛],
としのへぬらく[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました