万葉集3618番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3618番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3618番について

歌番号

3618番

原文

夜麻河<泊>能|伎欲吉可波世尓|安蘇倍杼母|奈良能美夜故波|和須礼可祢都母

訓読

山川の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れかねつも

かな読み

やまがはの|きよきかはせに|あそべども|ならのみやこは|わすれかねつも

カタカナ読み

ヤマガハノ|キヨキカハセニ|アソベドモ|ナラノミヤコハ|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

YAMAGAHANO|KIYOKIKAHASENI|ASOBEDOMO|NARANOMIYAKOHA|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

yamagahano|kiyokikahaseni|asobedomo|naranomiyakoha|wasurekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|広島|倉橋島|望郷|羈旅|宴席

校異

伯->泊【類】【細】【温】

寛永版本

やまがはの,[寛]やまかはの,
きよきかはせに[寛],
あそべども,[寛]あそへとも,
ならのみやこは[寛],
わすれかねつも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました