万葉集3623番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3623番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3623番について

歌番号

3623番

原文

山乃波尓|月可多夫氣婆|伊射里須流|安麻能等毛之備|於伎尓奈都佐布

訓読

山の端に月傾けば漁りする海人の燈火沖になづさふ

かな読み

やまのはに|つきかたぶけば|いざりする|あまのともしび|おきになづさふ

カタカナ読み

ヤマノハニ|ツキカタブケバ|イザリスル|アマノトモシビ|オキニナヅサフ

ローマ字読み|大文字

YAMANOHANI|TSUKIKATABUKEBA|IZARISURU|AMANOTOMOSHIBI|OKININAZUSAFU

ローマ字読み|小文字

yamanohani|tsukikatabukeba|izarisuru|amanotomoshibi|okininazusafu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|出発|広島|倉橋島|叙景|船出

校異

特に無し

寛永版本

やまのはに[寛],
つきかたぶけば,[寛]つきかたふけは,
いざりする,[寛]いさりする,
あまのともしび,[寛]あまのともしひ,
おきになづさふ,[寛]おきになつさふ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました