万葉集3644番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3644番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3644番について

歌番号

3644番

原文

於保伎美能|美許等可之故美|於保<夫>祢能|由伎能麻尓末<尓>|夜杼里須流可母

訓読

大君の命畏み大船の行きのまにまに宿りするかも

かな読み

おほきみの|みことかしこみ|おほぶねの|ゆきのまにまに|やどりするかも

カタカナ読み

オホキミノ|ミコトカシコミ|オホブネノ|ユキノマニマニ|ヤドリスルカモ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|OHOBUNENO|YUKINOMANIMANI|YADORISURUKAMO

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikotokashikomi|ohobuneno|yukinomanimani|yadorisurukamo

左注|左註

右一首雪宅麻呂

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|大分|中津市|不安

校異

布->夫【類】【紀】【細】|->尓【西(右書)】【類】【紀】【細】

寛永版本

おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
おほぶねの,[寛]おほふねの,
ゆきのまにまに[寛],
やどりするかも,[寛]やとりするかも,

巻数

第15巻

作者

雪宅麻呂

タイトルとURLをコピーしました