万葉集3628番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3628番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3628番について

歌番号

3628番

原文

多麻能宇良能|於伎都之良多麻|比利敝礼杼|麻多曽於伎都流|見流比等乎奈美

訓読

玉の浦の沖つ白玉拾へれどまたぞ置きつる見る人をなみ

かな読み

たまのうらの|おきつしらたま|ひりへれど|またぞおきつる|みるひとをなみ

カタカナ読み

タマノウラノ|オキツシラタマ|ヒリヘレド|マタゾオキツル|ミルヒトヲナミ

ローマ字読み|大文字

TAMANORANO|OKITSUSHIRATAMA|HIRIHEREDO|MATAZOKITSURU|MIRUHITONAMI

ローマ字読み|小文字

tamanorano|okitsushiratama|hiriheredo|matazokitsuru|miruhitonami

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|望郷|地名|岡山|倉敷|広島|倉橋島|孤独

校異

特に無し

寛永版本

たまのうらの[寛],
おきつしらたま[寛],
ひりへれど,[寛]ひりへれと,
またぞおきつる,[寛]またそおきつる,
みるひとをなみ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました