万葉集3681番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3681番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3681番について

歌番号

3681番

原文

可敝里伎弖|見牟等於毛比之|和我夜度能|安伎波疑須々伎|知里尓家武可聞

訓読

帰り来て見むと思ひし我が宿の秋萩すすき散りにけむかも

かな読み

かへりきて|みむとおもひし|わがやどの|あきはぎすすき|ちりにけむかも

カタカナ読み

カヘリキテ|ミムトオモヒシ|ワガヤドノ|アキハギススキ|チリニケムカモ

ローマ字読み|大文字

KAHERIKITE|MIMUTOMOHISHI|WAGAYADONO|AKIHAGISUSUKI|CHIRINIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

kaherikite|mimutomohishi|wagayadono|akihagisusuki|chirinikemukamo

左注|左註

右一首秦田麻呂

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|佐賀県|唐津市|神集島|植物|望郷

校異

特に無し

寛永版本

かへりきて[寛],
みむとおもひし[寛],
わがやどの,[寛]わかやとの,
あきはぎすすき,[寛]あきはきすすき,
ちりにけむかも[寛],

巻数

第15巻

作者

秦田麻呂

タイトルとURLをコピーしました