万葉集3747番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3747番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3747番について

歌番号

3747番

原文

和我屋度能|麻都能葉見都々|安礼麻多無|波夜可反里麻世|古非之奈奴刀尓

訓読

我が宿の松の葉見つつ我れ待たむ早帰りませ恋ひ死なぬとに

かな読み

わがやどの|まつのはみつつ|あれまたむ|はやかへりませ|こひしなぬとに

カタカナ読み

ワガヤドノ|マツノハミツツ|アレマタム|ハヤカヘリマセ|コヒシナヌトニ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|MATSUNOHAMITSUTSU|AREMATAMU|HAYAKAHERIMASE|KOHISHINANUTONI

ローマ字読み|小文字

wagayadono|matsunohamitsutsu|arematamu|hayakaherimase|kohishinanutoni

左注|左註

右九首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|恋情|悲別|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
まつのはみつつ[寛],
あれまたむ[寛],
はやかへりませ[寛],
こひしなぬとに[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました