万葉集3637番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3637番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3637番について

歌番号

3637番

原文

久左麻久良|多妣由久比等乎|伊波比之麻|伊久与布流末弖|伊波比伎尓家牟

訓読

草枕旅行く人を伊波比島幾代経るまで斎ひ来にけむ

かな読み

くさまくら|たびゆくひとを|いはひしま|いくよふるまで|いはひきにけむ

カタカナ読み

クサマクラ|タビユクヒトヲ|イハヒシマ|イクヨフルマデ|イハヒキニケム

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABIYUKUHITO|IHAHISHIMA|IKUYOFURUMADE|IHAHIKINIKEMU

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabiyukuhito|ihahishima|ikuyofurumade|ihahikinikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|枕詞|羈旅|地名|山口|上関町|土地讃美|掛詞

校異

特に無し

寛永版本

くさまくら[寛],
たびゆくひとを,[寛]たひゆくひとを,
いはひしま[寛],
いくよふるまで,[寛]いくよふるまて,
いはひきにけむ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました