万葉集3635番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3635番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3635番について

歌番号

3635番

原文

伊毛我伊敝治|知可久安里世婆|見礼杼安可奴|麻里布能宇良乎|見世麻思毛能乎

訓読

妹が家路近くありせば見れど飽かぬ麻里布の浦を見せましものを

かな読み

いもがいへぢ|ちかくありせば|みれどあかぬ|まりふのうらを|みせましものを

カタカナ読み

イモガイヘヂ|チカクアリセバ|ミレドアカヌ|マリフノウラヲ|ミセマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

IMOGAIHEJI|CHIKAKUARISEBA|MIREDOAKANU|MARIFUNORAO|MISEMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

imogaiheji|chikakuariseba|miredoakanu|marifunorao|misemashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|地名|山口|岩国|望郷|恋情|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

いもがいへぢ,[寛]いもかいへち,
ちかくありせば,[寛]ちかくありせは,
みれどあかぬ,[寛]みれとあかぬ,
まりふのうらを[寛],
みせましものを[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました