万葉集3597番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3597番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3597番について

歌番号

3597番

原文

和多都美能|於伎津之良奈美|多知久良思|安麻乎等女等母|思麻我久<流>見由

訓読

わたつみの沖つ白波立ち来らし海人娘子ども島隠る見ゆ

かな読み

わたつみの|おきつしらなみ|たちくらし|あまをとめども|しまがくるみゆ

カタカナ読み

ワタツミノ|オキツシラナミ|タチクラシ|アマヲトメドモ|シマガクルミユ

ローマ字読み|大文字

WATATSUMINO|OKITSUSHIRANAMI|TACHIKURASHI|AMAOTOMEDOMO|SHIMAGAKURUMIYU

ローマ字読み|小文字

watatsumino|okitsushiranami|tachikurashi|amaotomedomo|shimagakurumiyu

左注|左註

右八首乗船入海路上作歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|叙景|兵庫

校異

礼->流【紀】【細】

寛永版本

わたつみの[寛],
おきつしらなみ[寛],
たちくらし[寛],
あまをとめども,[寛]あまをとめらも,
しまがくるみゆ,[寛]しまかくるみゆ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました