万葉集3625番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3625番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3625番について

歌番号

3625番

原文

由布左礼婆|安之敝尓佐和伎|安氣久礼婆|於伎尓奈都佐布|可母須良母|都麻等多具比弖|和我尾尓波|之毛奈布里曽等|之<路>多倍乃|波祢左之可倍弖|宇知波良比|左宿等布毛能乎|由久美都能|可敝良奴其等久|布久可是能|美延奴我其登久|安刀毛奈吉|与能比登尓之弖|和可礼尓之|伊毛我伎世弖思|奈礼其呂母|蘇弖加多思吉弖|比登里可母祢牟

訓読

夕されば|葦辺に騒き|明け来れば|沖になづさふ|鴨すらも|妻とたぐひて|我が尾には|霜な降りそと|白栲の|羽さし交へて|うち掃ひ|さ寝とふものを|行く水の|帰らぬごとく|吹く風の|見えぬがごとく|跡もなき|世の人にして|別れにし|妹が着せてし|なれ衣|袖片敷きて|ひとりかも寝む

かな読み

ゆふされば|あしへにさわき|あけくれば|おきになづさふ|かもすらも|つまとたぐひて|わがをには|しもなふりそと|しろたへの|はねさしかへて|うちはらひ|さぬとふものを|ゆくみづの|かへらぬごとく|ふくかぜの|みえぬがごとく|あともなき|よのひとにして|わかれにし|いもがきせてし|なれごろも|そでかたしきて|ひとりかもねむ

カタカナ読み

ユフサレバ|アシヘニサワキ|アケクレバ|オキニナヅサフ|カモスラモ|ツマトタグヒテ|ワガヲニハ|シモナフリソト|シロタヘノ|ハネサシカヘテ|ウチハラヒ|サヌトフモノヲ|ユクミヅノ|カヘラヌゴトク|フクカゼノ|ミエヌガゴトク|アトモナキ|ヨノヒトニシテ|ワカレニシ|イモガキセテシ|ナレゴロモ|ソデカタシキテ|ヒトリカモネム

ローマ字読み|大文字

YUFUSAREBA|ASHIHENISAWAKI|AKEKUREBA|OKININAZUSAFU|KAMOSURAMO|TSUMATOTAGUHITE|WAGAONIHA|SHIMONAFURISOTO|SHIROTAHENO|HANESASHIKAHETE|UCHIHARAHI|SANUTOFUMONO|YUKUMIZUNO|KAHERANUGOTOKU|FUKUKAZENO|MIENUGAGOTOKU|ATOMONAKI|YONOHITONISHITE|WAKARENISHI|IMOGAKISETESHI|NAREGOROMO|SODEKATASHIKITE|HITORIKAMONEMU

ローマ字読み|小文字

yufusareba|ashihenisawaki|akekureba|okininazusafu|kamosuramo|tsumatotaguhite|wagaoniha|shimonafurisoto|shirotaheno|hanesashikahete|uchiharahi|sanutofumono|yukumizuno|kaheranugotoku|fukukazeno|mienugagotoku|atomonaki|yonohitonishite|wakarenishi|imogakiseteshi|naregoromo|sodekatashikite|hitorikamonemu

左注|左註

右丹比大夫悽愴亡妻歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|挽歌|転用|古歌|笠麻呂|羈旅|悲別|望郷|広島|倉橋島

校異

歌【西】謌|露->路【類】【紀】

寛永版本

ゆふされば,[寛]ゆふされは,
あしへにさわき[寛],
あけくれば,[寛]あけくれは,
おきになづさふ,[寛]おきになつさふ,
かもすらも[寛],
つまとたぐひて,[寛]つまとたくひて,
わがをには,[寛]わかみには,
しもなふりそと[寛],
しろたへの[寛],
はねさしかへて[寛],
うちはらひ[寛],
さぬとふものを,[寛]さ*とふものを
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
かへらぬごとく,[寛]かへらぬことく,
ふくかぜの,[寛]ふくかせの,
みえぬがごとく,[寛]みえぬかことく,
あともなき[寛],
よのひとにして[寛],
わかれにし[寛],
いもがきせてし,[寛]いもかきせてし,
なれごろも,[寛]なれころも,
そでかたしきて,[寛]そてかたしきて,
ひとりかもねむ[寛],

巻数

第15巻

作者

丹比大夫

タイトルとURLをコピーしました