万葉集3679番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3679番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3679番について

歌番号

3679番

原文

於保夫祢尓|真可治之自奴伎|等吉麻都等|和礼波於毛倍杼|月曽倍尓家流

訓読

大船に真楫しじ貫き時待つと我れは思へど月ぞ経にける

かな読み

おほぶねに|まかぢしじぬき|ときまつと|われはおもへど|つきぞへにける

カタカナ読み

オホブネニ|マカヂシジヌキ|トキマツト|ワレハオモヘド|ツキゾヘニケル

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENI|MAKAJISHIJINUKI|TOKIMATSUTO|WAREHAOMOHEDO|TSUKIZOHENIKERU

ローマ字読み|小文字

ohobuneni|makajishijinuki|tokimatsuto|warehaomohedo|tsukizohenikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|福岡|引津亭

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねに,[寛]おほふねに,
まかぢしじぬき,[寛]まかちししぬき,
ときまつと[寛],
われはおもへど,[寛]われはおもへと,
つきぞへにける,[寛]つきそへにける,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました