万葉集3610番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3610番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3610番について

歌番号

3610番

原文

安胡乃宇良尓|布奈能里須良牟|乎等女良我|安可毛能須素尓|之保美都良武賀

訓読

安胡の浦に舟乗りすらむ娘子らが赤裳の裾に潮満つらむか

かな読み

あごのうらに|ふなのりすらむ|をとめらが|あかものすそに|しほみつらむか

カタカナ読み

アゴノウラニ|フナノリスラム|ヲトメラガ|アカモノスソニ|シホミツラムカ

ローマ字読み|大文字

AGONORANI|FUNANORISURAMU|OTOMERAGA|AKAMONOSUSONI|SHIHOMITSURAMUKA

ローマ字読み|小文字

agonorani|funanorisuramu|otomeraga|akamonosusoni|shihomitsuramuka

左注|左註

柿本朝臣人麻呂歌曰|安美能宇良|又曰|多<麻>母能須蘇尓

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|古歌|誦詠|地名|異伝|柿本人麻呂|羈旅|転用

校異

麻能->麻【西(訂正)】【類】【紀】【細】

寛永版本

あごのうらに,[寛]あこのうらに,
ふなのりすらむ[寛],
をとめらが,[寛]をとめらか,
あかものすそに[寛],
しほみつらむか[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました