万葉集3771番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3771番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3771番について

歌番号

3771番

原文

宮人能|夜須伊毛祢受弖|家布々々等|麻都良武毛能乎|美要奴君可聞

訓読

宮人の安寐も寝ずて今日今日と待つらむものを見えぬ君かも

かな読み

みやひとの|やすいもねずて|けふけふと|まつらむものを|みえぬきみかも

カタカナ読み

ミヤヒトノ|ヤスイモネズテ|ケフケフト|マツラムモノヲ|ミエヌキミカモ

ローマ字読み|大文字

MIYAHITONO|YASUIMONEZUTE|KEFUKEFUTO|MATSURAMUMONO|MIENUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

miyahitono|yasuimonezute|kefukefuto|matsuramumono|mienukimikamo

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|恋情|悲別|大赦|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

みやひとの[寛],
やすいもねずて,[寛]やすいもねすて,
けふけふと[寛],
まつらむものを[寛],
みえぬきみかも[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました