万葉集3658番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3658番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3658番について

歌番号

3658番

原文

由布豆久欲|可氣多知与里安比|安麻能我波|許具布奈妣等乎|見流我等母之佐

訓読

夕月夜影立ち寄り合ひ天の川漕ぐ船人を見るが羨しさ

かな読み

ゆふづくよ|かげたちよりあひ|あまのがは|こぐふなびとを|みるがともしさ

カタカナ読み

ユフヅクヨ|カゲタチヨリアヒ|アマノガハ|コグフナビトヲ|ミルガトモシサ

ローマ字読み|大文字

YUFUZUKUYO|KAGETACHIYORIAHI|AMANOGAHA|KOGUFUNABITO|MIRUGATOMOSHISA

ローマ字読み|小文字

yufuzukuyo|kagetachiyoriahi|amanogaha|kogufunabito|mirugatomoshisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|七夕|宴席|望郷|恋情|福岡

校異

特に無し

寛永版本

ゆふづくよ,[寛]ゆふつくよ,
かげたちよりあひ,[寛]かけたちよりあひ,
あまのがは,[寛]あまのかは,
こぐふなびとを,[寛]こくふなひとを,
みるがともしさ,[寛]みるかともしさ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました