万葉集3474番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3474番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3474番について

歌番号

3474番

原文

宇恵太氣能|毛登左倍登与美|伊R弖伊奈婆|伊豆思牟伎弖可|伊毛我奈氣可牟

訓読

植ゑ竹の本さへ響み出でて去なばいづし向きてか妹が嘆かむ

かな読み

うゑだけの|もとさへとよみ|いでていなば|いづしむきてか|いもがなげかむ

カタカナ読み

ウヱダケノ|モトサヘトヨミ|イデテイナバ|イヅシムキテカ|イモガナゲカム

ローマ字読み|大文字

UEDAKENO|MOTOSAHETOYOMI|IDETEINABA|IZUSHIMUKITEKA|IMOGANAGEKAMU

ローマ字読み|小文字

uedakeno|motosahetoyomi|ideteinaba|izushimukiteka|imoganagekamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|羈旅|別離|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

うゑだけの,[寛]うえたけの,
もとさへとよみ[寛],
いでていなば,[寛]いてていなは,
いづしむきてか,[寛]いつしむきてか,
いもがなげかむ,[寛]いもかなけかむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました