万葉集3395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3395番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3395番について

歌番号

3395番

原文

乎豆久波乃|祢呂尓都久多思|安比太欲波|佐波<太>奈利努乎|萬多祢天武可聞

訓読

小筑波の嶺ろに月立し間夜はさはだなりぬをまた寝てむかも

かな読み

をづくはの|ねろにつくたし|あひだよは|さはだなりぬを|またねてむかも

カタカナ読み

ヲヅクハノ|ネロニツクタシ|アヒダヨハ|サハダナリヌヲ|マタネテムカモ

ローマ字読み|大文字

OZUKUHANO|NERONITSUKUTASHI|AHIDAYOHA|SAHADANARINUO|MATANETEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

ozukuhano|neronitsukutashi|ahidayoha|sahadanarinuo|matanetemukamo

左注|左註

右十首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|茨城県|筑波山|地名|序詞|恋情

校異

太尓->太【元】【紀】【細】【矢】

寛永版本

をづくはの,[寛]をつくはの,
ねろにつくたし[寛],
あひだよは,[寛]あひたよは,
さはだなりぬを,[寛]さはたなりぬを,
またねてむかも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました