万葉集3445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3445番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3445番について

歌番号

3445番

原文

美奈刀<能>|安之我奈可那流|多麻古須氣|可利己和我西古|等許乃敝太思尓

訓読

港の葦が中なる玉小菅刈り来我が背子床の隔しに

かな読み

みなとの|あしがなかなる|たまこすげ|かりこわがせこ|とこのへだしに

カタカナ読み

ミナトノ|アシガナカナル|タマコスゲ|カリコワガセコ|トコノヘダシニ

ローマ字読み|大文字

MINATONO|ASHIGANAKANARU|TAMAKOSUGE|KARIKOWAGASEKO|TOKONOHEDASHINI

ローマ字読み|小文字

minatono|ashiganakanaru|tamakosuge|karikowagaseko|tokonohedashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|植物|女歌|恋愛

校異

安之能->能【元】【類】【古】【紀】【西(訂正左書)】能也

寛永版本

みなとの[寛],
あしがなかなる,[寛]あしかなかなる,
たまこすげ,[寛]たまこすけ,
かりこわがせこ,[寛]かりこわかせこ,
とこのへだしに,[寛]とこのへたしに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました